少しの工夫で賢く利用できるポリ袋

CATEGORY

CALENDAR

2018年4月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生活に欠かせないポリ袋

ポリエチレン素材であるポリ袋、私達の日常に欠かせない物です。ごみ袋やコンビニの袋、買い物をした際に商品を入れる袋等がそうです。スーパー等はレジバックの利用しますが、買い物をすれば自然に貯まる物です。透明や白、色付や柄物とバリエーションも豊富です。一般的にポリ袋はごみの処理に使われることが多いと思います。
家庭での生ごみの処理に、水をきって新聞紙にくるみ、ポリ袋に入れます。きっちり縛れば臭いも気になりません。中身が透けない色の場合はサニタリー用やペットのお散歩用に利用できます。ポリ袋はサイズや形も様々で色々な場面に利用することができます。ちょっとしたプレゼントやラッピングに柄物のかわいい袋は重宝します。
震災があってから、ポリ袋で代用できることを知った人も多いと思います。特に赤ちゃんのオムツの代用に使うという物です。コンビニやスーパーのレジ袋、白いタイプを利用します。ハサミでカットしますが、持ち手の部分を縛るのでオムツの形になります。いざというとき、ポリ袋がこんな形で使えると知り、驚きました。料理をされる人はポリ袋を調理に利用、材料と調味料を入れるだけです。揉んで味を染み込ませたり、粉をまぶすときはポリ袋に入れると便利です。なにより手を汚さずに下処理ができます。私達の日常に欠かせないポリ袋を賢く利用しましょう。

ポリ袋とビニール袋の違いと品質管理

ポリ袋は素材としてポリエチレンやポリプロピレンが使われている物で、一番の用途はスーパーやコンビニ袋、ゴミ袋等が有ります。
一般的に私達はポリ袋とビニール袋の違いをほとんど理解しないで使用しています。見た目はほとんど変わりも無く、袋が持っている特徴もほとんど同じである事から、この「両者の袋」は一緒であるとの考えは間違えでは無いと考えます。厳密に言うとこの両者の袋は素材が異なります。ポリ袋の素材がポリエチレンやポリプリピレンであるのに対し、ビニール袋の素材は塩化ビニールです。両者はその特徴や使われ方等が非常に似通っており、あえて分けて考える必要は無いと考えます。ただ一般的にビニール袋と私達が呼んでいる物の多くは実はポリ袋である事が多いです。
一般的には余り気にした事が無いと感じるポリ袋にも種類が有ります。大きくは食品用とゴミ用に分ける事が出来ます。勿論大きさが異なる事は理解できますが、実はその厚みや製造方法、家庭用と業務用等で異なってきます。特に食品用は厳重に管理がされており、国内産又は海外産等の表示の義務化や清潔な環境のクリーンルームでの生産が行われており、厳重な品質管理の元、私達一般消費者が購入できる様になっています。

Copyright(C)2017 ライフスタイルに欠かせないポリ袋を便利に工夫 All Rights Reserved.