ポリ袋が大人気の理由とは

CATEGORY

CALENDAR

2018年7月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

小売店で受け取るレジ袋も立派なポリ袋

ポリ袋にはさまざまな大きさがあり、ゴミ袋や収納用の袋としてお店で買うことが出来ますが、スーパーやコンビニなどで買い物する際に受け取るレジ袋も立派なポリ袋であることを忘れてはいけません。レジ袋を商品を自宅に持ち帰るための使い捨てにするのはすごくもったいないことです。これらのレジ袋は多くの小売店で無料で配布しているうえ、そこそこ丈夫なため何度も再利用することが出来ます。もちろん最近ではエコバックの使用が増え、レジ袋を有料化するところも増えてきましたが、コンビニやドラッグストアなどではまだまだ無料のレジ袋を配布するのが当たり前です。
小売店で受け取ったレジ袋はゴミ袋として再利用しましょう。小さなものであれば自宅のゴミ箱の内袋や生ゴミを入れる袋として使い、大きなものは可燃ゴミとして出すときに使うことが出来ます。レジ袋をゴミ袋として無駄なく利用できれば、店でゴミ袋をわざわざ買う手間も費用も省けて経済的です。ただし気をつけたいのは、収集に出すゴミ袋として使えるのは透明か半透明の中身が見える袋だけであるということです。青や黄色などの濃い色がついて中身の見えない袋は使うことが出来ません。いつも何となく受け取ってしまうレジ袋も、無駄なく再利用できれば環境にも優しく節約にもなって一石二鳥ですね。

ポリ袋の入手先と頻繁に使われている方法

スーパーやドラッグストアに行き買い物をすると、ポリ袋をもらえます。お菓子や食パン1つなら小さい袋、大量の買い物をしたなら大きいサイズの袋をレジの店員が用意してくれます。その袋に入れて家に持ち帰るのが一般的です。
持ち帰ったポリ袋は、すぐに使わない時は保管場所に入れて放置すると思われます。使い道はゴミ箱を覆うような形で入れたり、野菜を保管するための入れ物にしたりと色々です。他にも、親しい人に何かを持って行くお土産を入れる袋としても使われています。お菓子や野菜を入れて持参するのは、地域では普通に行われていることです。ポリ袋の底に穴が開いた時は、テープで貼り付ければ対処できます。物を入れるのには向かないですが、ゴミ箱用の袋には使えます。
スーパーに行くとレジで決済をした後に移動する場所に、小さい袋が置かれていると思います。その袋は主に、肉や魚などの生物を入れるために使います。回して袋を切って口を開けて入れる仕組みですが、袋が開かない時は近くに置いてある布を触ると良いでしょう。指に水気がつくため、袋が簡単に開きやすくなります。消耗品として役立つポリ袋なので、家庭用にいくつか置いている家もあります。

Copyright(C)2017 ライフスタイルに欠かせないポリ袋を便利に工夫 All Rights Reserved.